研究グループ

血液

主な研究内容

1.臨床研究
・乳幼児重症型血友病に対する定期補充療法に関する前方視的治療研究
・血友病などの血液凝固異常症の全国調査(厚生労働省委託事業)
・血液凝固異常症のQOLに関する研究(厚生労働科学エイズ対策研究事業分担研究) など

2.基礎研究
・ステロイドによる血栓症発症の原因解明(HepG2細胞、凝固因子のmRNA発現量)
・Globalな血液凝固能の測定(トロンビン生成試験、ROTEM、凝固波形解析)を用いた様々な疾患における凝固異常症の病態解析
・L-asparaginase使用時の凝固障害発症機序
・ネフローゼの血栓形成機序
・Xa阻害薬の適切なモニタリング方法の開発
・血管障害に起因する凝固障害(The Scripps Research Instituteにて)

3.血友病の治療開発
血友病診療の基幹病院として、積極的に血友病の新薬の臨床試験に参加し、先進的な治療の開発に取り組んでいます。
①『B-LONG:治療歴のある重度な血友病B患者を対象とした出血の予防及び治療における長期作用型遺伝子組換え血液凝固IX因子Fc融合たん白質(rFIXFC)の安全性、薬物動態及び有効性を評価する多施設共同非盲検試験』
②『A-LONG:An Open-label, Multicenter Evaluation of the Safety, Pharmacokinetics, and Efficacy of Recombinant Factor VIII Fc Fusion Protein(rFVIIIFc)in the Prevention and Treatment of Bleeding in Previously Treated Subjects With Severe Hemophillia A 』
③『インヒビターを保有する先天性血友病患者を対象とした、急性出血エピソードの治療におけるNNC0078-0000-0007の有効性および安全性』
④『MC710(乾燥濃縮人血液凝固第X因子加活性化第VII因子)の血友病インヒビター患者を対象とした多施設共同非盲検非対照試験』
⑤『An Open-label, Multicenter Evaluation of the Long-Term Safety, and Efficacy of Recombinant Human Coagulation Factor IX Fusion Protein(rFIXFc)in the Prevention and Treatment of Bleeding Episodes in Previously Treated Subjects With Severe Hemophillia B』
⑥『An Open-label, Multicenter Evaluation of the Long-Term Safety, and Efficacy of Recombinant Human Coagulation Factor VIII Fusion Protein(rFVIIIFc)in the Prevention and Treatment of Bleeding Episodes in Previously Treated Subjects With Severe Hemophillia A』
⑦『治療歴のある小児血友病B患者を対象としたNNC-0156-0000-0009の安全性、有効性及び薬物動態』
⑧『治療歴のある重症血友病A患者を対象としたPEG化遺伝子組換え型血液凝固第VIII因子製剤(BAX855)の定期補充療法及び出血時補充療法における有効性、安全性及び薬物動態を評価する 第II/III相、多施設共同、非盲検臨床試験』
⑨『治療歴のある重症血友病A 患者を対象としたPEG 化遺伝子組換え型血液凝固第VIII 因子製剤(PEG-rFVIII;BAX855)の定期補充療法における安全性及び有効性を評価する第III b 相継続試験』
⑩『ACE910の健康成人及び血友病A患者を対象とした第Ⅰ相臨床試験』
⑪『ACE910の血友病A患者を対象とした第Ⅰ相臨床試験からの継続投与試験』
⑫『インヒビター保有血友病A患者を対象として定期輸注非実施に対するRO5534262定期投与の有効性,安全性及び薬物動態を評価するランダム化,多施設共同,非盲検,第III相臨床試験』
⑬『インヒビターを保有しない血友病A患者を対象として定期補充非実施に対するemicizumab定期投与の有効性、安全性及び薬物動態を評価するランダム化、多施設共同、非盲検、第III相臨床試験』
⑭『治療歴のある成人重症血友病A患者を対象に、Human-cl rhFVIIIによる個別化定期補充療法の有効性及び安全性を評価する前向き、非盲検、多施設共同第IIIb相試験』

主な業績

1.PubMed収録論文
2017年

1.Nogami K, Shima M, Fukutake K, Fujii T, Taki M, Matsushita T, Higasa S, Sato T, Sakai M, Arai M, Uchikawa H, Engl W, Abbuehl B, Konkle BA.. Efficacy and safety of full-length pegylated recombinant factor VIII with extended half-life in previously treated patients with hemophilia A: comparison of data between the general and Japanese study populations. Int J Hematol. 2017 May 26.doi: 10.1007/s12185-017-2265-6. [Epub ahead of print]

2.Yamashita A, Nagae C, Mori M, Ashikaga T, Kojima T, Taki M.. First case report of hemophilia B Leyden in Japan. Int J Hematol. 2017 Jul;106(1):135-137.

3.Ishiguro A, Ezinne CC, Michihata N, Nakadate H, Manabe A, Taki M, Shima M. Pediatric thromboembolism: a national survey in Japan. Int J Hematol. 2017 Jan;105(1):52-58.

2016年
1.Shima M, Hanabusa H, Taki M, Matsushita T, Sato T, Fukutake K, Fukazawa N, Yoneyama K, Yoshida H, Nogami K. Factor VIII-Mimetic Function of Humanized Bispecific Antibody in Hemophilia A.N Engl J Med. 2016 May 26;374(21):2044-53.

2.Nagae C, Yamashita A, Ashikaga T, Mori M, Akita M, Kitsukawa K, Yamazaki S, Yoshikawa K, Taki M. A cohort study of the usefulness of primary prophylaxis in patients with severe haemophilia A. Int J Hematol. 2016 Aug;104(2):208-15. doi: 10.1007/s12185-016-2005-3. Epub 2016 Apr 28. Erratum in: Int J Hematol. 2016 Aug;104(2):268.

2015年
1.Yoshioka A, Ishii E, Ueno T, Usami I, Kobayashi M, Kobayashi R, Sotomatsu M, Shirahata A, Suzuki T, Taki M, Ishida Y, Matsushita T, Shima M, Nogami K, Sakai M, Kigasawa H, Fukutake K. The International Immune Tolerance Induction Study and its follow-up study on Japanese hemophilia A patients with inhibitors. Int J Hematol. 2015 Apr;101(4):362-8.



2.研究費獲得
2015年度 

1)瀧 正志(分担) AMED委託開発研究費 「新生児・小児における特発性血栓症の診断、予防および治療法の確立に関する研究」
2)瀧 正志(分担) 厚生労働科学研究費 「第Ⅷ因子、第Ⅸ因子製剤のインヒビター発生要因に関する研究」

  • 前へ
  • 一覧ページへ
  • 次へ