診療グループ

循環器

小児循環器グループの紹介

当小児循環器グループは先天性心疾患の手術やカテーテル治療、不整脈に対する薬物治療やカテーテルアブレーション、心筋症、心筋炎、川崎病の急性期治療、冠動脈後遺症治療など、ほとんどの小児循環器疾患に対応しています。

-先天性心疾患-
聖マリアンナ医科大学病院は日本小児循環器学会で専門医修練施設に認定されています。また川崎市内で唯一の複雑な先天性心疾患に対する外科治療やカテーテル治療が可能な施設であり、多くの先天性心疾患患者の診療を行っています。
また胎児心臓病学会の胎児心エコー認定施設となっており、産婦人科医、小児循環器医が協力して胎児心疾患の診断・管理を行っています。重症例では出生前から新生児科医、心臓血外科医を加え出産・治療の計画が立てられ、出生直後から最適な治療が行えるように心掛けています。現在年間で先天性心疾患のカテーテル治療は30例程度、外科手術は60例程度が行われており症例数は年々増加しています。

-成人先天性心疾患-
昨今話題となる成人先天性心疾患患者の増加に対応すべく平成26年に成人先天性心疾患専門外来を開設しました。循環器内科を中心とした多岐にわたる診療科と協力して診療を行っています。

-不整脈-
当院は川崎市学校心臓検診の3次検診施設に指定されており、多くの不整脈患者の診療を行っています。循環器内科と協力しWPW症候群や房室結節性頻拍症などの頻拍性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療も行なっています。また国立循環器病研究センターと協力し、QT 延長症候群の遺伝子診断・治療も積極的に行なっています。小児に対するペースメーカー挿入や植込み型徐細動器の植込み手術にも対応しています。

-心筋症・心筋炎-
心筋症・心筋炎による重症心不全患者を積極的に受け入れています。薬物療法のみならず、膜型人工肺治療(ECMO)や血漿交換治療、経皮的心肺補助法(PCPS)を行うことができます。

-川崎病-
川崎病は急性期の治療のみならず、他院での初回治療が無効であった重症例の治療を行なっており、免疫グロブリン療法無効例に対してはインフリキシマブや血漿交換による治療を積極的に行っています。また当グループでは川崎病による冠動脈後遺症症例の根絶を目標とし新たな治療法を模索しています。
冠動脈後遺症症例に対しては320列Area detector CTや3T MRIを用いた侵襲度の低い先端的な検査を積極的に行い評価するように努めており、多くの実績があります。重度の冠動脈後遺症症例に対する冠動脈バイパス術やカテーテル治療の実績も十分あり、トータルケアができる体制が整っています。

主な所属学会

日本小児循環器学会
日本循環器学会
日本川崎病学会
日本小児カテーテルインターベンション学会
日本胎児心臓病学会
日本成人先天性心疾患学会
日本小児救急医学会 
日本集中治療学会
周産期新生児学会 など

スタッフ紹介

麻生健太郎 日本小児科学会専門医
      日本小児循環器学会専門医
      日本小児科学会評議員
      日本川崎病学会 運営委員
      川崎市学校心臓検診判定委員

栗原八千代 日本小児科学会専門医

水野 将徳 日本小児科学会専門医
      日本小児循環器学会専門医
      日本胎児心臓病学会胎児心エコー認証医
      日本小児循環器学会評議員
      川崎市学校心臓検診判定委員

升森智香子 日本小児科学会専門医

桜井 研三 日本小児科学会専門医
      日本小児循環器学会専門医
      川崎市学校心臓検診判定委員
      日本臨床薬理学会評議員

中野茉莉恵 
 
長田 洋資 現在埼玉国際医療センター小児心臓科に留学中

  • 前へ
  • 一覧ページへ
  • 次へ