診療グループ

神経

主な対象疾患

1.けいれん疾患
新生児けいれん、熱性けいれん、てんかんなど

2.その他の疾患
 神経筋疾患、神経変性疾患、神経皮膚症候群、急性脳炎・脳症、脳性麻痺、発達障害など

主な診療内容

1.てんかん診療
 複数のてんかん専門医が在籍しており、外来薬物療法、長時間脳波検査などの診療を行っております。
 大学病院においてはてんかんセンターを設立し、脳神経外科・神経内科・精神科と協同して特に専門的に診療を行ってまいります。

2.神経筋疾患診療
 発達、発育に問題がある方の診断、治療、フォローアップを行います。必要に応じてリハビリテーションを行います。

3.重症心身障害児・者診療
 総合周産期母子医療センターからの転床、在宅移行・支援を行っています。
 胃瘻造設や気管切開術等は小児外科と協同して行います。
 地域療育センターおよび関連施設のソレイユ川崎等と連携し、レスパイト施設の選定、リハビリテーションの提供などの支援を行います。

4.結節性硬化症診療
 大学病院において小児科、腎泌尿器外科、皮膚科、神経内科、腎臓・高血圧内科、脳神経外科等の複数診療科による
 結節性硬化症診療連携チームを発足させました。複数診療科に専門的な医師を配置し、各症状に対する各科受診の円滑化を図ります。
 また定期的なチームカンファレンスを実施し、診療環境の向上を目指しています。

5.神経救急・集中治療
 急性脳炎・脳症などの神経救急疾患に対して、低体温療法を含む集中治療の導入、管理を行います。

6.発達障害、睡眠障害、心身症診療
 地域療育センター、精神科と協同して、発達障害やこころの診療へ対応します。

7.他科、他病院との連携
 専門的な検査や治療(てんかん外科手術、筋生検、遺伝子検査など)が必要な場合には、
 静岡てんかんセンターや国立精神・神経医療研究センター、国立成育医療研究センターなどへ紹介しています。

施設認定・診療実績など

1.施設認定
 小児神経専門医研修施設(日本小児神経学会)、てんかん専門医研修施設(日本てんかん学会)

2.診療実績(最近3年間に対応した主な疾患)
 熱性けいれん、てんかん、脳性麻痺、脳腫瘍、筋ジストロフィー、結節性硬化症、Fabry病、
 アレキサンダー病、Rett症候群、ナルコレプシー、自閉症スペクトラム障害、注意欠如・多動症など

メンバー

山本 仁<小児神経専門医、てんかん専門医指導医>                          
宇田川紀子<「子どもの心」相談医>         
宮本雄策(川崎市立多摩病院小児科部長)<小児神経専門医、てんかん専門医指導医>  
新井奈津子                 
橋本修二(横浜市西部病院)<小児神経専門医、てんかん専門医>
山本寿子(川崎市立多摩病院)<小児神経専門医、てんかん専門医>
加久翔太朗(横浜市西部病院)<「子どもの心」相談医>
竹田加奈子(川崎市立多摩病院)
今泉太一
足立美穂(非常勤)<小児神経専門医>

  • 前へ
  • 一覧ページへ
  • 次へ